ロイシンによる筋肉分解抑制作用

トレーニングに真面目に取り組み、効率的に筋肉を付けたいと考えた人はサプリメントを摂取するようになります。

そこで多くの人が最初に取り入れるのがプロテインです。プロテインは筋肉の材料となるタンパク質であるため筋肉を付けるためには必須のサプリメントと言えます。プロテインを取り入れた後は人それぞれ様々なサプリメントを摂取していくことでしょう。

プロテインは筋肉の材料となるサプリメントですが、筋肉を付けるためのもう1つのアプローチとして体を筋合成しやすい状態にするサプリメントがあります。

筋肉タンパク質は常に合成・分解が行われており、このバランスによって筋肉が増加または減少します。

筋肉タンパク質を増加させるトリガーとなるものはアミノ酸やホルモンなど様々ありますが、それをコントロールするために知られているのが必須アミノ酸の1つである“ロイシン”です。

筋タンパク質合成しやすい状態(アナボリック状態)とは、タンパク質の合成促進・分解抑制が体内で起こっていることを示します。

ロイシンはPI3K(PI3キナーゼ)およびPCK(PCキナーゼ)を活性化することでユビキチン-プロテアソーム系(筋肉タンパク質の主な分解経路)を抑制し、結果としてタンパク質の分解が減少します。それによってタンパク質の合成・分解のバランスが合成に傾き、筋肉が合成されやすい状態になります。

さらにロイシンによってタンパク質分解が抑制されるだけでなく、合成も促進されることが知られており、筋肉を効率的に付けるために非常に重要なサプリメントと言えます。

ロイシンはBCAAの1つであることは有名ですが、単体で摂取するよりもBCAA(バリン、ロイシン、イソロイシン)で摂取した方がこれらの効果は高いことが報告されています。

イントラドリンクにBCAAおよびエネルギー源となる糖質を混ぜて飲むことが筋肉を効率的に付ける近道です。

また、トレーニング中から筋肉の修復が開始されることを考えると、BCAAと糖質に加えて必須アミノ酸(EAA)を入れるとトレーニングの強度アップやその後の筋成長をより高いレベルで促すことができます。

筋肉サプリの成分まとめ