クレジットカードでクオカードを買う方法があるって本当?現金化は可能?

クレジットカードでクオカードを購入する方法とは?

通常、金券類はクレジットカードでの購入はできないようになっており、商品券や図書券ビール券や切手などに至るまで、換金性の高い ものをカード決済で購入することはできません。金券類をクレジットカードで購入して金券ショップに買取してもらうというクレジットカード現金化の方法は、ほぼ使えないと考えるのが妥当です。ただし、一部の限られたクレジットカードのみにはなりますが、コンビニでクオカードをクレジットカード決済で購入できる場合があります。

まず1つはファミリーマート利用する場合で、ファミマTカードを使った場合のみクオカードをクレジットカード決済で購入することができます。もう1つの方法は、セブンイレブンでnanaco支払いでクオカードを購入する方法です。nanacoはクレジットカードでチャージをすることができますので、間接的にクレジットカード決済でクオカードを購入したのと同じ状態になります。

クオカードで現金化!と思いきや…

ところがここで大変重要な注意点があります。実はクオカードにはカードごとに固有の番号が振られていますが、コンビニで発行されたものは00 からはじまる番号となっています。 街中にある金券ショップはこの00からはじまるクオカードについては買取しないお店がほとんどです。

これは、コンビニでクオカード発券する際にレジで有効化する処理をしなければ使えない仕組みになっているのですが、金券ショップではこの有効化の処理がちゃんと出来ているかを確かめる術がありませんので、トラブルを避けるために一律買い取らない方針になっていることがほとんどなのです。

個人取引で売る自信があるなら不可能ではない!

このようにコンビニで購入したクオカードを金券ショップで買い取りは不可能ですので、すんなりと現金化するのは難しく、クオカードを売却するためには基本的には個人取引をする必要があります。まず考えられる方法としては、ネットオークションに額面金額より安く出品することで買い手がつく可能性があります。

注意点としてはクオカードを発送するときに送料がかかりますので、送料込みで額面よりも安くなければほぼ買い手がつかないということです。またオークションのサイトによっては他の出品者がクオカードを大量に出品している可能性もあり、自分の出品物がその他大勢の中に埋もれてしまい、すぐに買い手がつかない可能性もあります。すぐにお金が欲しいということなら、かなり安め値段で出品しないとなかなか落札されないということになるかもしれません。

ただ、お店で使える本物のクオカードだと落札者に信じてもらえさえすれば、仮に1円スタートでもかなり額面金額に近い価格まで入札されると考えられます。もしネットオークションはやったことがなく苦手ということなら、知り合いで買ってくれそうな人を探すのもよいかも知れませんね。