放っておくと増えるかも?首イボの種類や原因、治療法について

みなさんはご自分の首を観察なさったことはありますか?

首のまわりに小さな、ぽつぽつとしたイボのようなものはないでしょうか。それ、放っておくとどんどん増えていきますよ。

「最近イボっぽいものが増えてきた」
「治療法があるなら知りたい」

そんな方も多いのではないかと思います。そこで当記事では、首イボの治療法などをご紹介いたしますので、参考にしていただければ幸いです。

首のぽつぽつはいったい何なの?

そもそも首にできる小さなぽつぽつは何かというと、これはイボはイボなのですが、原因はいくつか考えられます。

ひとつが老化によってできるイボ、もうひとつがウィルス性のイボです。老化によってできるイボは「アクロコルドン」と呼ばれ、1~2mmくらいのイボが放っておくとだんだん増えていきます。

ウィルス性のイボは首にもできますが、首イボというと「アクロコルドン」を指す場合がどちらかといえば多いように感じます。

アクロコルドンができる原因は、摩擦や紫外線です。お肌が傷ついて、刺激を受けた部分が細胞内の脂肪を盛り上げることによって、小さなイボが増えてきます。

紫外線についても同じです。肌が傷つき、その修復の過程でイボができてしまうわけですね。特に乾燥肌の人は、ダメージを受けやすいので、首イボができてしまう可能性は人より高いといってよいでしょう。

どうすれば首イボを治療できるの?

それでは、どうすれば首イボを治療することができるのでしょうか?

方法は大きくわければ、皮膚科に行くか、市販の薬やクリームを使って治すかのどちらかです。確実に治したいという方は皮膚科に行ったほうがいいのですが、病院だと液体窒素による治療をするめられることが多いです。

この治療法はきれいにイボを治せるというメリットはあるものの、これがなかなか痛いので、痛いのが嫌な人は、市販の薬などで治すしかありません。アクロコルドンは数が多いので、すべて切除で対処するのは難しいと思われます。

市販の首イボ治療薬には、たとえばヨクイニン錠があります。ヨクイニン錠はハトムギの種子から皮をとったものを粉末にし、これを固めたもので、分類としては漢方に属します。

体に優しいうえ、効果が高いので、体の内側から首イボ治療をしたいという方にはおすすめです。

また、首イボ治療には専用のクリームを用いるという方法もあります。クリアポロンなどのクリームを塗ることで、首イボの治療や、予防に期待できるのです。

今現在、首イボがいくつもできてしまっているという方は、ヨクイニン錠を飲みながら、クリームでイボを直接退治するという仕方が良いのではないかと思います。

本当に自分で治せるの?

首イボを本当に自分で治せるのか、という心配もあろうかと思います。それについては、絶対に治るとは言い切れません。

しかし薬とクリームを併用すれば、ちょっと時間はかかるかもしれませんんが、状態が改善する可能性は高いと言えるでしょう。実際に使用した人のクチコミを見ても、良くなったという方は多いですからね。

逆に、皮膚科に行って液体窒素で治療する場合、短期間できれいにイボを治すことはできますが、イボの原因は解決されていません。

放っておくとまたイボができてしまう可能性があります。

首イボクリームには肌の状態をよくする美容成分が配合されていますから、イボの原因である肌トラブルを防ぎ、改善することができるため、イボを根本から断つことができると言ってよいでしょう。その意味では、自分で治療をしたほうが良いともいえるのです。

しかし、首イボの種類がアクロコルドンではない可能性もありますし、自分で治療をしていても全然良くならないこともあります。

そんなときにはやはり、お医者さんに相談したほうがいいですね。イボが減らない、異様に大きいのができた、そういった場合にはすぐにでもお医者さんに相談するようにしてください。